シーレム セキュリティは、盗聴・盗撮機器の調査発見撤去、ならびに盗聴盗撮防止コンサルタントの専門社です。

経営理念

1.安心安全のお届け

 盗聴盗撮調査は、高度な機材を使用し、正確に行なわなければなりません。そして得られた結果を、偽りなく正しい形で報告する必要があります。
 調査に対する説明も重要です。いくら高度な技術で調査を行なっても、それをご依頼者様に的確に説明できないようでは、安全は提供できも安心は提供できません。逆に不完全な調査をして、言葉で説得してしまっては、安心は提供できても安全は提供できません。
 調査終了後には、今後の対策を含めたアドバイスをいたします。それにより、以後同じことが起こらないよう、防止策を講じていただけます。

2.信用・信頼性の確立

 調査の結果はもちろん、調査を行なった事実をも機密事項として慎重に扱わなくてはなりません。
 また、調査によってご依頼者様の個人情報を得ることになりますが、これを外部に漏らしたりすることは絶対に許されません。盗聴盗撮機器から守ることができても、個人情報を守ることができなければ、情報セキュリティ事業者としての務めは果たせません。
 調査料金は、調査前に正確に提示し、不当な料金増額は一切いたしません。
 盗聴盗撮発見業者は、信用・信頼できる事業者でなくてはなりません。

3.社会への啓蒙啓発

 日本国内における盗聴盗撮に対する危機意識は、世界各国と比較すると、まだまだ低い方だと思います。危機意識の低さとは反対に、国内の盗聴盗撮機器の普及率はかなり高いものになっています。その差を埋めるべく、社会に対して啓蒙啓発活動をしていく必要があります。
 それは健全な形で行なわれるべきであり、違法な広告活動、違法サイトへの広告掲載などでは、その意図に反した結果を招くことになるので、避けなければなりません。
 各種セミナーへ参加し、異業種の業者を通じて世間に啓蒙啓発していくことも重要です。
 少しでも不安に思っている人のため、調査の有無は関係なく無料相談を実施することも、セキュリティ事業者の務めだと思います。